パグのしつけ・飼い方徹底解説!しつけ始める時期や噛み癖・無駄吠え対策

  • S20x20 petmadoペットの窓口編集部

パグのしつけ・飼い方徹底解説!しつけ始める時期や噛み癖・無駄吠え対策

  • 2021月06月18日更新
  • 818view
S669x446 puppy 1502565 1280

パグを飼いたいけれどきちんとしつけができるか不安。今飼っているパグのしつけに困っている。そんなお悩みを抱えていませんか?

この記事では、パグのしつけの仕方を具体的な問題行動別に解説しています。

パグのしつけに困っているひと、不安な人はぜひこの記事を読んで愛パグとの幸せな暮らしを手に入れましょう。

パグのしつけはいつから始める?

パグの1歳は、人でいうと約15歳です。パグは1歳になるまでにほとんど場合、体の発育が止まり性格も定まります。

特に生後3か月までの間を社会化期といって、その間にいかに他のパグや人と接したかによって性格が決まるので、この期間のしつけがとても重要となります。

社会化期にはじめての音や人に慣れさせよう

社会化期のしつけで重要なのは、社会に慣れるということです。

聴き慣れない音や知らない人、初めて会う人に対して過剰に警戒したり、興奮しないように慣らしてあげることがこの期間にやってあげるべきことです。

社会化期に家族以外の人や犬に会ったことのないパグは、成犬になってからより過敏に反応して対応できなくなってしまう可能性もあります。

社会化期に色々な音や人に少しずつ慣らしてあげることで成犬になってから、一緒にドッグカフェなどのおでかけに行くことも出来るようになります。

1歳を過ぎてからしつけはできるのか?

成犬になってからも、しつけをすることはできます。

時間はかかりますが、子犬のときと同様に根気強くしつけトレーニングを続けることが必要です。
パグにとってはもう覚えてしまった「いいこと」「わるいこと」というのを覚え直してもらうので時間が必要になるのです。

飼い主さんに正しいしつけの知識が無かったり、パグと過ごす時間がすくないことで上手くいかない場合はドッグトレーナーさんに見てもらいましょう。

しつけ方法は家族全員でルールを統一

パグは人の言葉をよく聞いています。いけないことしたときは「ダメ」なのか「いけない」なのか言葉は統一しておきましょう。

また、してはいけないことと良いことを混乱させないために家族内でルールを確認することも大切です。

例えば、お父さんとはベッドで寝れるのに、お母さんには怒られた。ということがあるとパグは混乱してしまいます。

パグのコマンドトレーニング

コマンドトレーニングはパグのしつけにおいて必須とも言える方法です。

コマンドを理解してくれるようになると「マテ」や「オカワリ」などの言葉やハンドサイン・ジェスチャーなどの合図で、愛犬が決まった行動を起こしてくれるようになります。

コマンドの種類

コマンドの種類は、言葉だけではありません。ジェスチャーやハンドサインもコマンドとして使うことができます。犬は観察能力が優れているので、飼い主の些細な行動をよく見ています。

コマンドの言葉・動きは統一すること

「オスワリ」を教える場合、英語で「シット」と言ってもいいですが、どちらにするかは決めておかなければいけません。言葉が統一していないと犬が混乱してしまいます。動きのコマンドも同様です。

具体的なコマンドトレーニングの方法

具体的なコマンドトレーニングの方法としておやつを用いたトレーニングがあります。

愛犬の前におやつを差し出し、「マテ」などの合図で正しく行動してくれた際におやつを与えるといった方法です。この際に与えるおやつは、誘導に用いたおやつではなく、同じおやつを別の手から差し出すと良いとされます。

誘導に用いたおやつを与えてしまうとおやつがないと行動しない可能性が出てきます。

パグの食事の回数や選び方

パグには年齢に応じて、食事内容や方法を変えてあげる必要があります。

人が歳を取って、脂っぽいものをさけたり、食べる量が減ったりするのと同じように体の変化に応じて調整してあげましょう。

年齢別の食事回数とその内容

年齢ごとのパグの食事回数や内容の目安は以下の通りです。個体差もあるので、ドッグフードの表記だけでなく獣医師の指示も参考にしましょう。

(6,7歳程度〜)
食事回数ポイント
子犬(〜1歳程度)成長期(3ヵ月まで)は1日5,6回、以降は1日3,4回低血糖にならないような食事。エネルギー量多め。
成犬(1〜6,7歳程度)1日2回程度ライフスタイルに合わせて肥満や痩せすぎにならないようエネルギー量を計算する
老犬1日3~4回程度消化しやすい食事

子犬の頃は、体を形成するためにしっかりとエネルギーを取ります。成犬時は、ライフスタイルに合わせて運動量が少ない子の食べすぎは肥満に繋がるので注意が必要です。

老犬は、内臓に負担をかけない食事を心がけましょう。かと言ってタンパク質量が少ないと筋肉が落ちて、毛艶も失われるので注意しましょう。

かかりつけの獣医師さんと相談しながら食事を決めていくのがおすすめです。

適切なおやつの選び方

栄養バランスの取れた食事を与えていれば、本来おやつは必要ありませんが、しつけにはおやつが必要な場合もあります。ただし与えすぎは良くないので、ドッグフードの10%程度の量を目安にしましょう。

ジャーキーなどのお肉系のおやつが好きなパグは多いですが、食べ過ぎが不安な方は魚や野菜を原料としたおやちを選ぶと良いでしょう。

パグの無駄吠えの原因と対策

パグは落ち着いた性格で、他の犬種に比べて無駄吠えが少ない犬種です。

それでも無駄吠えをしてしまうとき、その原因が分かればそれに合わせたしつけをすることができます。

頭ごなしに、「静かに」などといっても吠え続けるようでは、決して無駄吠えはなくなりません。
なおさらヒートアップして吠えてしまうということもよくあります。

では、パグに無駄吠えをやめさせるにはどういうしつけをしたらいいのか、3つのパターンに分けて解説していきます。

警戒して吠えているとき

家に誰かが来たときや、知らない人に見つめられて吠える場合は警戒して吠えている可能性があります。インターホンの度に吠える場合は、来客に対して警戒し、威嚇のために吠えていることが考えられます。

見知らぬ来客に警戒するのはパグにとって正常な行動とも言えるので、まずは吠えないようにするよりも、吠えるような状況を減らしてあげるようにしましょう。すなわちインターホンが鳴らない工夫を飼い主さんがしてあげましょう。

宅配便が多いご海底は、置き配やコンビニ受け取りを活用したり、いつも同じ配達員さんなら事前に連絡をもらうなどの工夫ができます。

他にもインターホンが鳴ったらおやつを与えるなどして、パグの気を逸らしたり、インターホンが鳴ることが悪いことではないといったしつけ方法も有効です。

恐怖心で吠えているとき

嬉しい場合でも、怖がっている場合でもパグは吠える場合があります。しっぽを振っているからといって一概に喜んでいるわけではなく、怖さから興奮している場合もあります。

警戒心や恐怖心は飼い主さんがパグを抱き抱えてあげる、守ってあげるような動きをして安心感を与えてあげましょう。

おやつやおもちゃなどで意識を遠ざけ方法も有効です。

要求吠えしているとき

ご飯が欲しかったり、遊んでほしいときにする吠え方です。この場合は、その要求に安易に答えてはいけません。吠えれば要求に答えてくれると思ってしまう可能性があります。

また、「シー」などと声をかけることもパグからしたら飼い主が反応してくれたという解釈になるので、逆効果となる場合があります。

胸が痛むかもしれませんが、要求吠えをしたときは心を鬼にして無視することも必要です。

パグの噛み癖を直すには

パグの噛み癖を直すには、メリハリのあるしつけをして早めに対処することが重要です。

子犬の頃の甘噛みを放っておくと危険です。パグにとっては遊んでいるつもりでも、ヒートアップして怪我に繋がるなど、成犬になって加減ができなくなってしまう恐れがあるからです。

パグは飼い主の声のトーンや言葉づかいなどをしっかりと聞いて学習できる能力があります。きちんとしつけをして、飼い主だけでなくパグの為にも甘噛みしないように育てましょう。

甘噛みをしたら無視する

人に対して甘噛みをしたら無視することも有効です。パグが落ち着いたらまた遊んであげる、というのを繰り返すと甘噛みをすると遊んでくれなくなると気付きます。

また甘噛みされた時に大きなリアクションをしてしまうと、飼い主が喜んだと解釈されてしまう可能性もあるため、過度に痛がったりせずに冷静に対応することも重要です。

むず痒くて嚙んでしまう時

子犬の時に、乳歯が生え変わるタイミングでむずむずしてやたらと噛みたがることもあります。

そんなときは、壊れにくい噛んでもいいおもちゃを与えましょう。飾りがついていると飲み込んでしまう恐れがあるので、なるべくシンプルなものがいいです。

おもちゃは思いっきり噛ませてあげて、人の手を噛んだらすぐ遊ぶのをやめると、噛むのはおもちゃだけだと学習します。

手にじゃれつかせて遊ぶのは甘噛みを助長するのでやめたほうがいいです。

しつけ教室は有効?しつけ教室のメリット・デメリット

家でのしつけに限界を感じたら、プロに頼るのもひとつの方法です。とはいえ、しつけ教室にも飼い主が参加する形式、愛犬を預ける形式など、さまざまな種類があります。

ライフスタイルと愛犬の性格に合ったしつけ教室を選ばないと望んだ結果は得られないまま、関係が悪化する可能性があるので注意しましょう。

しつけ教室のメリット

しつけ教室を活用するメリットとして下記が挙げられます。

  • 経験豊富なプロに指導してもらえる
  • 他の犬と交流できる
  • 他の飼い主との交流で情報交換できる

しつけ教室のデメリット

一方でしつけ教室を活用するデメリットとしては下記があります。

  • しつけ方法が合わなければ改善されない
  • 慣れない環境で犬のストレスになる場合もある
  • トレーナーの言うことは聞き、飼い主の言うことを聞かない

しつけ教室の種類と金額相場

一般的なしつけ教室の種類とだいたいの金額相場は以下の通りです。

種類金額
グループレッスン4,000~6,000円/1回
個人教室3,000~6,000円/1回
幼稚園6,000~7,000円/1回

ペット需要もありセレブ向けのサービスも増えてきているので、もっと高額になるところもあります。また地域によっても上下します。

大切なのは、愛犬にとってどの方式が適しているか見極めることです。トレーナーの方針もさまざまなのでどういったしつけ方法をしているのかしっかりとリサーチしましょう。

無料カウンセリングや無料体験などを行っているところが多いので、それらを駆使して参加して決めるといいでしょう。

パグをしつけ教室に通わせる3つのメリット わんちゃんホンポ (wanchan.jp)
うちの柴パグがやんちゃでお手上げ。しつけ 教室の気になる金額や成果を解説。 たの柴 (tanoshiba.jp)
パグのしつけ教室の料金の相場、選び方、効果はあるの? ペットまるわかりブログ (pet-maruwakari.com)

ペットの窓口アニーマガジンを読もう!

関連する記事

この記事に関連する子犬

この記事に関連するキーワード

アクセスランキング人気のあった記事まとめ