さまざまな毛色の種類を持つミニチュア・シュナウザー

  • S20x20 oz2むっちゃん

さまざまな毛色の種類を持つミニチュア・シュナウザー

  • 2015月03月05日更新
  • 57959view
S669x446 0b2c0b6bddd8069696233a99f584e0d8

ミニチュア・シュナウザーと聞いてまず思い浮かぶ毛色はグレーと白のシュナウザーではないでしょうか。
このグレーと白の毛色のことを「ソルト&ペッパー」といいます。他にも「ブラック」や「ブラック&シルバー」最近では様々な毛色のミニチュア・シュナウザーがいます。今回は代表的な4種類のその毛色についてご紹介したいと思います。

ソルト&ペッパー ミニチュア・シュナウザー


photo byJKC

「わんわん物語」やシュナウザーが一躍有名になったドラマ「マルモのおきて」に出ていた、ミニチュア・シュナウザーと言えばこの毛色。
「ソルト&ペッパー」と言われる被毛はミニチュア・シュナウザーの代表的な毛色とされ、
この毛色のコンビネーションは一本一本の被毛に明色と暗色が交互になった縞模様が入ることによるものです。頭部・背中・おしりにかけての被毛は硬く密集しており、顔周り・足先の被毛は柔らかいです。

ブラック&シルバー ミニチュア・シュナウザー


photo bymmsu-ha

体全体はブラックで口周りやまゆ毛、胸、足などにホワイトの毛色が入ります。
毛質はソルト&ペッパーに比べると柔らかい印象をもつでしょう。

ホワイト ミニチュア・シュナウザー


photo byミニチュア・シュナウザーちぃ君と共に

他の毛色に比べると見かけることの少ないホワイトシュナウザー。
全身純白で他の毛色のシュナウザーより毛は柔らかめで白く、細い毛をしているため毛量も少なく感じます。
また、食事で口周り・目やにで目の周りが変色しやすいので日頃から手入れをしてあげましょう。

ブラック ミニチュア・シュナウザー


photo byオズと12人のシュナ使い
全身が真っ黒な被毛。基本的に全身はブラックですが、胸にホワイトの班がはいる子も多いそうです。他の毛色と比べると年齢と共にレバーやグレーに変色しやすい。

※これら4種類以外の毛色は、FCI(国際畜犬連盟)規程に基づき、犬種スタンダード(犬種標準)で認められていない毛色となっています。

ミニチュア・シュナウザーの退色・変色について

退色

退色とは日光などにさらされて、だんだん色が薄くなる事をいい、成犬より濃い毛で生まれてくるのが特徴のシュナウザーはこの退色になりやすい犬種と言われています。
ホワイトシュナウザー以外のシュナウザーは、人間の白髪のように年を重ねていくと体の濃い毛が白っぽくなっていきます。
ホワイトシュナウザーは純白だった毛色がクリーム色のような少し黄色みがかった色になる子が多いようです。
本来シュナウザーのカットはストリッピングという毛を抜く作業を行います。これを行うことにより太く色素のある被毛が生え、退色を防ぐことができるのです。

変色

口周り:口周りの毛が長いシュナウザーは、食事や水を飲むことで食べかすや水分が残ります。これを放っておくと茶色く変色しやすいので、飲食した後は乾いたタオルなどで拭いて清潔に保ちましょう。
食事はウェットフードよりドライフード、水は食器よりゲージに取り付けるような給水器だと口周りが汚れにくいです。

目周り:目やには気づいたらすぐに取らないと乾いて取りにくくなりますし、溜まりやすい眼がしらは特に変色しやすいです。また、「涙やけ」という涙によって変色してしまう子も多いのですし、変色すると元の色に戻すのはとても大変なので日頃から乾いたコットンなどで拭く習慣をつけるとよいでしょう。

ペットの窓口アニーマガジンを読もう!

関連する記事

この記事に関連する子犬

この記事に関連するキーワード

アクセスランキング人気のあった記事まとめ