ウエスティの散歩に必要な距離・時間・頻度を徹底解説!散歩に必要な道具や注意点もご紹介

  • S20x20 petmadoペットの窓口編集部

ウエスティの散歩に必要な距離・時間・頻度を徹底解説!散歩に必要な道具や注意点もご紹介

  • 2021月09月25日更新
  • 1463view
S669x446 westies 6286596 1280

とても活発なウエスティにとって、散歩は必要不可欠です。では、どのくらいの量運動が必要なのか。また、散歩をするときに気を付けることや、お役立ちアイテムも紹介します。

愛犬のウエスティと散歩について知識をつけることで、愛犬にとっても飼い主にとっても快適なお散歩ライフを送ることができますので、ぜひ最後までお読みください。

ウエスティの散歩の役割やメリットとは

ウエスティを散歩に連れ出すことは運動不足の解消以外にも理由があります。

運動不足とストレス発散のための散歩

ウエスティはもともと狩猟犬なので、一定の運動量を必要とする犬種です。また、知的好奇心も強い犬種なのでこの本能が満たされないと欲求不満による問題行動を起こすことがあります。

噛み癖や誤飲誤食などのトラブルを防ぐためにも散歩は欠かせない習慣の一つです。

コミュニケーションをとって主従関係を明確にする

ウエスティはテリアの血統を引く犬種なので、頑固で独立心が強い性格が一般的です。

飼い主との上下関係がしっかりとできておらず、しつけができていないと生活中で言うことをきいてくれなくて困ってしまうでしょう。

散歩中はリードを着けているのでしつけやトレーニングに適しています。リードコントロールとご褒美のおやつをうまく活用して、うまくコミュニケーションをとることで主従関係を示していきましょう。

ウエスティの散歩に必要な距離・時間・頻度とは

ウエスティにとって散歩は必要不可欠な習慣です。では、その時間や頻度はどのくらいなのか解説していきます。

1日2回、30分から40分程の散歩が必要

愛犬の大きさや筋肉量、関節炎などの有無によってその散歩量は変わりますが、1日2回30分~40分程の散歩が必要です。

夏場は熱中症が危険なので日が陰る時間を選んで出かけましょう。散歩よりもほかの犬と遊んだり、フリーで走り回るのが好きな場合はドッグランに行くのも良いです。

年齢に応じて加減する

年をとると、筋肉量が低下し関節を痛めやすくなるので若いころよりは時間を減らしたり、段差や急な坂道を避けるようにしましょう。

ただしまったく散歩に行かなくなると、筋肉量を落としてしまいどんどんと体が弱ってしまうので適度な散歩は必要です。

ウエスティの散歩を始める時期はいつから?

子犬のウエスティを家に迎えた場合、いつごろから散歩に行ってもいいのでしょうか。安全に楽しく、お散歩デビューできる時期について解説していきます。

散歩デビューはワクチン接種後に病院の許可をもらってから

子犬の場合、狂犬病予防接種と混合ワクチンを接種します。そして、病院によって散歩やトリミングの許可が出る時期は様々です。

それは、ワクチンの種類やその犬の体調、体質によって適切な時期が変わるからです。
ですが、大体2回目のワクチン接種後1週間ほどでお散歩の許可がでることが大半です。

必ず、かかりつけの獣医さんに確認してからお散歩デビューしましょう。

社会化期に外界に慣れよう

子犬の2~4ヶ月は社会化期と言われ、その後の性格やしつけに重要な影響を与える時期です。

この時期にほかの犬や、家族以外の人、大きな音や触られることなどに慣れておかないと、成犬になったときに警戒心が強すぎる犬に育ってしまいます。

まだ外に出しても歩けないようだったら、抱っこして外の音や空気などに触れさせてあげましょう。

ウエスティの散歩で気をつけたいこと

ウエスティの散歩をする際に、どういうことに気を付けたらいいのか。安全で快適なお散歩のための注意点を解説します。

熱中症に注意する

ウエスティは固い被毛と柔らかい被毛が二層に生えています。冬は体温を逃がさない快適な構造ですが、夏場の暑さには弱いです。また、皮膚病になりやすいデリケートな肌質をしているので、紫外線によるダメージを与えないように直射日光に当たりすぎないようにしましょう。

しつけをしながら散歩する

お散歩の時に、リードを引っ張ってしまう場合は注意が必要です。

リードを引っ張ったらそのまま進まずに一度立ち止まりましょう。
犬が立ち止まり、飼い主が歩くペースに合わせて歩けるようになるまで繰り返します。

飼い主の体の横に沿って歩けるようになったら、おやつなどのご褒美をあげてほめてあげましょう。

散歩中飛びついてしまう場合

散歩中に飛びついてしまうのは、飼い主への愛情表現だったり興奮を抑えられないことが原因です。
そんなときは、まずは飛びついても無視することです。

そして愛犬の興奮がおさまったら、おすわりをさせておやつなどのご褒美をあげます。これを繰り返すことで、飛びついても良いことはないと学習します。

ウエスティの散歩で役立つアイテム

ウエスティの散歩中に役立つアイテムを3つご紹介します。日頃の散歩中のお悩みに合わせてご活用ください。

しつけに最適なリード

メッシュ素材なので掴む部分の蒸れ予防になるのと、アクティブに外で遊んで汚れても洗うことができるので清潔に保つことができます。反射ステッチが縫われているので夜間のお散歩も安心です。

同じメーカーで首輪とハーネスもあるので、愛犬の体や性格に合わせて付け替えることができるのも便利です。

散歩中のしつけの必需品おやつポーチ

散歩中にしつけを行う場合、愛犬が正しい行動をしたときに、即座にご褒美のおやつをあげなければいけません。そんなときにこのポーチをつねに腰やバッグに着けておくと便利です。

丸洗いできるシリコン素材なので、汚れたらすぐに洗えて衛生的で、走ったり落としても中身がすぐに飛びださないような構造になっている点も優れています。

散歩中の熱中症対策に

散歩中に水を手軽に飲めるアイテムです。水飲みコップを別で用意することなくそのまま飲ませることができます。

350mlと大容量の水を入れられるので、お散歩に最適です。また、ロックがあるのでバッグに入れても水がこぼれる恐れはありません。

散歩は毎日連れ出そう

ウエスティは毎日の散歩が欠かせない犬種です。ストレスを溜めないために、体調を見ながら必ず毎日運動させてあげましょう。

散歩中はひっぱったり飛びつくなど、問題行動があっても根気強くトレーニングすることで直すことができます。

ハーネスではなくリードを使って、指示が伝わるようにした上できちんとコミュニケーションをとって愛犬との散歩を楽しみましょう。

ペットの窓口アニーマガジンを読もう!

関連する記事

この記事に関連する子犬

この記事に関連するキーワード

アクセスランキング人気のあった記事まとめ