ポメラニアンの平均体重や大きさはどのくらい?体重推移と体重管理についても解説

  • S20x20 petmadoペットの窓口編集部

ポメラニアンの平均体重や大きさはどのくらい?体重推移と体重管理についても解説

  • 2021月07月13日更新
  • 1574view
S669x446 dog 5073041 1280

ポメラニアンの平均体重やサイズをご存じですか。ポメラニアンは個体差が大きいと聞いているが、うちの子はどれくらいの大きさになるのだろうか、と悩んでいませんか。

この記事ではポメラニアンの平均体重や体重管理の方法、サイズの違いなどを徹底解説します。ポメラニアンの健康管理の参考にしてください。

ポメラニアンの平均体重

ポメラニアンの体重はJKCでも「サイズに相応しい体重である」とされているだけで具体的な値は規定されていません。一般的に標準体重は1.8kg~3.5kgと言われています。

ポメラニアンは特に個体差が大きい犬種で10kg近い犬もいるほどです。牡と牝でも違いがありますので、まずは愛犬の平均体重を確認してそれを維持することが重要です。

ポメラニアンの年齢ごとの体重推移

ポメラニアンの体重は生後7か月頃までが急激に増加し、12か月で成犬の平均体重に落ち着くと言われています。月齢ごとの体重推移をご紹介しますので参考にしてください。

ご紹介した値は平均的なもので個体ごとには差があります。別途ご紹介する平均体重の確認方法を参考にして愛犬の平均体重を確認してください。

月齢ごとの標準体重はおおむね次のようになります。

月齢体重目安
生後40日頃約700g
生後50日頃約820g
生後70日頃約1.2kg
生後80日頃約1.4kg
生後3ヶ月約2.0kg
生後5ヶ月約3.4kg
生後7ヶ月約3.5kg

平均体重の確認方法

ポメラニアンはフサフサの被毛に覆われているので見た目で体重の確認は難しいです。平均体重は体を触って確認するのがいいでしょう。

背中から腹にかけて触ってみましょう。皮下脂肪の下に肋骨や背骨を感じることができれば平均体重と考えていいでしょう。骨格を感じられなければ肥満傾向にあり、ごつごつした感触では痩せすぎです。

ポメラニアンの体重管理

超小型犬のポメラニアンは長い被毛で体が覆われているため分かりにくいのですが、足の骨は細くて肥満は骨折や病気のリスクが高くなります。早めに平均体重を把握して体重管理をしてあげましょう。

ポメラニアンが太りやすいのは食事に原因があります。食事管理と運動管理で肥満を防止しましょう。

食べ物による体重管理方法

超小型犬の肥満は飼い主の可愛がりすぎです。甘えられてついおやつをあげてしまうのです。日ごろからカロリーに注意してフードの量を決めましょう。

一般に餌の量は体重の2.5%と言われています。3kgのポメラニアンなら75gが適量です。ただし体重は標準体重ではなく、愛犬の平均体重で判断してください。

運動による体重管理方法

超小型犬のポメラニアンは特別な運動をしなくても家の中で遊んでいるだけで十分な運動量があります。

しかし、健康な体作りのためには適度な散歩が欠かせません。1日2回の散歩がおすすめです。散歩から帰った時に疲れた様子がないか見定めて、散歩時間を調整しましょう。

遊びで体重管理

散歩から帰っても物足りない様子を見せたり、雨で散歩に出られない時には部屋遊びで運動量を補ってあげましょう。

くるくる回ったりおやつを探す宝探しゲームはポメラニアンが好んでやってくれます。飼い主の判断で行ってください。

ポメラニアンの適正サイズ(体高)

ポメラニアンの適正サイズは、JKCでは体高21±3cmと規定さてています。ポメラニアンのサイズは個体差が大きいと言われていますが、小型犬にしてはサイズ幅が大きいです。

一般的な適正サイズよりも小さくまたは大きく成長することもありますが、それが愛犬の適正サイズと考えて育ててあげましょう。

極小サイズのポメラニアン

小型犬のポメラニアンをさらに小さくしたティーカップ・ポメラニアンがいます。JKCで正式に認められた犬種ではありませんので適正サイズが決まっているわけではありません。

一般的には体重が1.8kg~2kg、体高が20cm未満と言われています。

大きく育つポメラニアン

ティーカップ・ポメラニアンとは逆に、大きく育つポメラニアンもいます。遺伝に依存することが多いので、祖先に大きなポメラニアンがいた場合は大きく育つ可能性があります。

親と同じサイズに育つとは限らず、標準の2倍もある5kgを超えるサイズに育つこともあります。

健康管理でいつまでも健康な暮らしを!

縁あって家族になったポメラニアンといつまでも健康で暮らしていくためには、健康管理をしっかりとやっていく必要があります。

超小型犬のポメラニアンは骨が細くて怪我をしやすいのです。肥満になるとさらにリスクは高くなります。食事や運動で体重管理をして、いつまでも健康が保たれるようにしてあげましょう。

ペットの窓口アニーマガジンを読もう!

関連する記事

この記事に関連する子犬

アクセスランキング人気のあった記事まとめ