ラブラドール・レトリーバーにおすすめのドッグフード10選!食事の与え方や選び方も解説

  • S20x20 petmadoペットの窓口編集部

ラブラドール・レトリーバーにおすすめのドッグフード10選!食事の与え方や選び方も解説

  • 2021月11月05日更新
  • 1175view
S669x446 dog g5f29945f6 1280

ラブラドール・レトリーバーは優しくて温和な性格ですが、遊び好きでとってもアクティブな性格でもあります。

骨太で肉付きがよく、たくましい体つきのラブラドール・レトリーバーは、パワフルに泳いだり走ったりすることが大好きです。

そのため、バランスのとれた筋肉や骨格を保ったり、病気にかかりにくくするためには、食事がとても大切です。

今回はラブラドール・レトリーバーに必要な食事の量や適切な回数、食べないときの対処法などをご紹介します。

ラブラドール・レトリーバーの食事管理

ラブラドール・レトリーバーは活発的で運動量が多いため、食欲旺盛な犬種です。しかし、そのことが原因で消化不良や胃捻転などをひき起こしたり、糖尿病や肥満になる傾向にあります。

食事を管理することでラブラドール・レトリーバーに出やすい症状やかかりやすい病気を予防したり、早めに対策を練ることができます。
ライフステージ別の食事の量や与え方、食べないときの対処法をご紹介します。

ラブラドール・レトリーバーに必要な食事量

フードの栄養価によって必要な量や重さなどに差があります。一般的で簡単な給餌量の量り方をご紹介しますので参考にして頂き、与えるフードの説明をよく読んでから適切な量を与えてください。

仔犬

仔犬は毎日成長するため、こまめに体重を測りながら給餌量を参考にして与えましょう。月齢だけで判断してしまうと、栄養過多や栄養不足の原因となってしまいます

成犬

15kgまでは体重の1.2%程度、15kg以上は1%程度の給餌量が目安です。

骨格や運動量によっても大幅に変わるため、体重と照らし合わせながらコントロールするようにしましょう

高齢犬

個体差があり年齢だけでは判断しづらいですが、活動が減ってきた場合は消費カロリーが減るため、成犬に与える量より20~30%程減らした量が適量になります。

ラブラドール・レトリーバーの食事の頻度・回数

食事の適切な頻度もライフステージごとに異なります。

仔犬

生後10週位までは1日分を4回に分けて与え、生後3ヶ月過ぎ頃からはその犬の予想される体重の50%近くになるまで、1日3回に分けて与えます。生後6ヶ月頃からは回数を1日2回にしていきます。

成犬

成犬の回数は1日2回です。胃捻転を起こしやすい子の場合は、回数を3回に分けてあげるといいでしょう。

高齢犬

消化や代謝が低下するため、食べ過ぎると内臓に負担をかけてしまいます。回数は1日3回に分けて、消化しやすくしてあげるのが理想的です。

ラブラドール・レトリーバーが食事を食べない時の対処法と注意点

フードを食べてくれないときは、まず原因を考えましょう。

フードや食事環境に不満がある

愛犬が食事をする環境は整っていますか?お皿が動いて食べにくかったり、高さがあっているか?などを今一度チェックしてみてください。

与えているドッグフードの味や粒の形など好みではないということもあります。ドッグフードを変更してみましょう。

しかし、食べないからといって、フードを変えることを繰り返しすぎるはよくありません。「食べなければもっと美味しいものが出てくる」と覚えてしまうので、まずは与えかたや時間などの調整をしてみてください。

わがまま

ラブラドール・レトリーバーは食べることが大好きでくいしん坊です。基本的には何でもよく食べるといった印象ですが、おやつはたくさん欲しがるのにフードの食いつきが悪いという場合は、わがままになっている可能性があります。

おやつのの与えすぎ

おやつは高カロリーなので、フードを食べないときはおやつをあげることを一度やめてみましょう。

食欲が健康のバロメーターです。普段と変わらない生活にもかかわらずフードを食べない場合は、まず体調不良を疑ってみてください。気になるようであれば動物病院を受診し相談しましょう。

ラブラドール・レトリーバーのためのドッグフードの選び方と注意点

日本で販売されているドッグフードは「ペットフード安全法」という法律に守られているため、日本ではどのドッグフードを選んでも危険なものはありません。

しかし、ラブラドール・レトリーバーの年齢や体質、体調などに合ったものを見つけてあげることは大切なことです。また、かかりやすい病気を知り食事に気を配ることで、回避できることがあります。

ラブラドール・レトリーバーのためのドッグフードの選び方と選ぶ際の注意点などをご紹介します。

運動が大好きだからタンパク質をしっかり

ラブラドール・レトリーバーは活発で動き回るのが大好きです。運動量が多いため、代謝がよくパワーを使います。病気や疾患、肥満などが無い場合は、しっかりとタンパク質を与えることが大切です。

股関節形成不全になりやすい

ラブラドール・レトリーバーは股関節形成不全になりやすい犬種です。発症のリスクを避けるためにも関節に良いとされる下記のような成分が含まれているフードがお勧めです。

  • グルコサミン
  • コンドロイチン硫酸
  • コラーゲン
  • MSM(メチルスルフォニルメタン)

ラブラドール・レトリーバーにおすすめのドッグフード10選

ラブラドール・レトリーバーの性質や体格、なりやすい病気の予防対策などを考慮して選びました。

各ドッグフードの特徴も紹介していますので、ラブラドール・レトリーバーにおすすめのドッグフードとして候補に入れてみてください。

アカナ (ACANA) ドッグフード パピー&ジュニア

アカナ パピー&ジュニアは、幼齢期から成長期用です。

地元の草原農場産の鶏肉と全卵、ノースバンクーバー島産の天然カレイ、太陽に恵まれたオカナガンバレー産のフルーツと野菜をたっぷり使用しています。豪華な素材がバランスよく含まれた自然派ペットフードなので、ラブラトリーレトリーバーの骨格を作る大切な時期にお勧めです。

ロイヤルカナン ラブラドール・レトリーバー ステアライズド 成犬~高齢犬用

豊富な食物繊維を配合し、満腹感を維持できます。食欲旺盛、避妊・去勢で適正体重の維持が難しいラブラドールの特別な栄養要求に対応し、低カロリー、高タンパク、低脂肪設計。

また、グルコサミン、コンドロイチン硫酸、およびEPA・DHAを配合することによって、健康な骨と関節をサポートし、ラブラドール・レトリーバーの理想的な体重を維持します。

ラブラドール・レトリーバーのために特別に開発されたキブル(粒)の形、大きさ、食感は、ゆっくりとした食事を促します。

ユーカヌバ ラブラドール・レトリーバー 成犬用

ユーカヌバのラブラドール・レトリーバー(成犬)用のフードです。健康な皮膚、毛づやを維持するためにのオメガ6、オメガ3を適切なバランスで配合しています。

動物性たんぱく質が多く、ラブラドール・レトリーバーの骨や筋肉を維持する栄養素がバランスよく入っています。ビタミンEなどの抗酸化栄養素を配合し、免疫力の維持をサポートしてくれます。

ネルソンズ ドッグフード 大型犬向け グレインフリー

「犬に本来必要な食事のバランス」に基づいた中・大型犬向けフード、ネルソンズドッグフード。大型犬のお口に合わせた大きめの粒でできています。

ラブラドール・レトリーバーのような大型犬は、小型犬に比べ身体全体に対する消化器官の割合が少ないため消化トラブルを起こしがちです。ネルソンズドッグフードは、犬の消化に負担をかける穀物を使わないグレインフリーです。

身体づくりに大切なタンパク質の摂取と食欲旺盛な大型犬が満足する食べごたえです。

ニュートロジャパン ナチュラルチョイス 成犬用 ラム&玄米

90年の歴史を誇るニュートロ。ナチュラルチョイスシリーズは、高品質な自然素材を使用し、長年の研究の結果たどりついた、リノール酸と亜鉛が最適なバランスで配合された総合栄養食です。

プロテインシリーズのラム&玄米製品は、高品質なラム生肉を第一主原料に使用しています。ラム肉は、ビタミンB群と亜鉛を豊富に含む良質な自然素材です。食物アレルギーに配慮することができるため、皮膚のトラブルなどにもお勧めです。

アーテミス ドッグフード アガリクスI/S 中粒 3kg

日本製にはあまり見かけない成分を配合しています。

アガリクス茸・EF2001乳酸菌・グルコサミン・コンドロイチン・プラセンタを配合しており、 免疫力や自己治癒力を考えたプレミアムフードです。

アガリクス茸やプラセンタが入っているペットフードはなかなかありません。病気がちな子や高齢犬の免疫力UPにおすすめの逸品です。

オリジン ドッグフード オリジナル

数々の受賞歴を誇るオリジンのオリジナルは、放し飼いの鶏肉や七面鳥、自然の海で漁獲された魚、巣に産み落とされた卵などの新鮮食材を使用しており、愛犬に必要な栄養を自然な食事から与えることができます。

動物性たんぱく質が85%と豊富に配合されているのが魅力です。ラブラドールレトリーバーの大きな体を十分に作り上げてくれます。

ヒルズ サイエンス・ダイエット〈プロ〉 健康ガード 関節 7歳~ 高齢犬用

7歳以上の高齢で、関節の健康が気になるラブラドールなどの大型犬の様々な身体の機能を栄養学の観点からサポートする機能性健康食です。

科学的根拠に裏付けされた抗酸化成分(ビタミンE+C)が愛犬本来の健康な免疫力をサポート。天然の魚油由来のEPAとグルコサミンやコンドロイチンなどが健康な軟骨、関節、骨、筋肉の健康維持に役立ってくれます。

カナガンドッグフード チキン ウェットタイプ(400ℊ)

人間の食事と同じレベルの食材を使用し、香料・着色料を使わない安心のレシピで仕上げたごちそう缶詰です。新鮮なチキン、サツマイモ、ニンジン、ブロッコリー、リンゴなどの野菜とフルーツがバランス良く入っています。また、注目の緑イ貝を配合しており愛犬の健康を栄養面からしっかりとサポートします。

ウェットフードなのでより嗜好性も高く、主食としてのバランスが取れた万能フードです。

ロイヤルカナン ドッグフード 消化器サポート(低脂肪) 3kg

犬用 消化器サポート(低脂肪)は、消化吸収不良による下痢や高脂血症の犬に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。
商品名にも書いてある「消化器」をターゲットに作られたフードのため、脂肪や食物繊維の含有量を調整し、消化性の高い原材料を使用しています。

※この商品は食事療法食です。獣医師の指示に従い、個体差や活動量に応じて与えてください。食事療法食製品を与えている間は、獣医師の診察を定期的にお受けください。

愛犬にあった食事選びを

ラブラドール・レトリーバーが1日に必要とする食事の量は、与えるフードや手作り食によっても栄養価がそれぞれ違いますし、体重や体格、年齢や運動量などによっても大きく変わります。

絶対にこの量を与えなければならないという決まりはありませんが、必要な食事量の求め方や与え方を知ることは、健康維持につながります。

選択するドックフードに違いはあっても「愛犬が元気でいられるためのドッグフードを選びたい」と思うのは、飼い主さんの共通点ですよね。

ラブラトリーレトリーバーと1日でも長く一緒に過ごせるように、フード選びにも気を配り、年齢や体調に合わせた食事を与えましょう。

ペットの窓口アニーマガジンを読もう!

関連する記事

この記事に関連する子犬

この記事に関連するキーワード

アクセスランキング人気のあった記事まとめ