ビーグルにおすすめのドッグフード10選!食事の与え方や選び方も解説

  • S20x20 petmadoペットの窓口編集部

ビーグルにおすすめのドッグフード10選!食事の与え方や選び方も解説

  • 2021月06月10日更新
  • 928view
S669x446 beagle puppy 2681 640

可愛らしい見た目で人気のビーグルはもともと猟犬で運動量が豊富な犬種です。運動量が多い分、食べ過ぎによる肥満により怪我や病気につながるため、飼い主の正しい食事管理が重要です。

そこで今回は、正しい食事管理を目的としたビーグル用ドックフードの選び方とおすすめ商品10選をご紹介します。ビーグルの食事管理が気になる方は、購入の際に検討してみてください。

ビーグル用ドッグフードの種類

ビーグル用のドッグフードの種類をタイプ別にご紹介します。どのタイプのドッグフードも総合栄養食として利用できます。

保存期間が異なりコストパフォーマンスにも違いがあるので、愛犬の好みや利用シーンに合わせて選ンでください。

ドライフード

ドライフードは製品に含まれている水分量が10%以下のフードを言い、一般的に利用が多いフードです。

加熱発泡処理されているので長く保存ができる特徴があります。形状もさまざまで小粒から大粒のものまであります。子犬からシニアまで幅広く与えることができます。

歯でしっかりと噛む訓練になることや歯垢が付きにくい特徴もあります。

ソフトドライフード

ソフトドライフードは製品に含まれている水分量が約25~35%で、しっとりしているフードを言います。

ドライフードと同じように加熱発泡処理されていて長く保存ができます。半生タイプなので、歯が弱ってきたシニア犬におすすめです。

セミモイストフード

セミモイストフードは製品に含まれている水分量が約25~35%でしっとりしているのはソフトドライと同じですが発泡処理されていません。

やわらかくて食べやすいのが特徴です。長く保存すると水分が失われて固くなるので、早めに使い切るのがおすすめです。

ウェットフード

ウェットフードは製品に含まれている水分量が約75%で、非常にやわらかいのが特徴です。子犬からシニア犬までに利用できます。

肉や魚の味や香りがそのまま活かされているので食いつきの良いフードです。缶詰やレトルトパウチ、アルミトレーに密閉されているが、開封後はすぐに使い切る必要があります。

ビーグルのためのドッグフードの選び方と注意点

ビーグルのドックフード選びで大切なことは「成長段階に合わせた商品選び」「健康管理につながる原材料と成分の確認」です。

どのドックフードを選ぶかでビーグルの健康管理が大きく影響受けるためこちらの選び方を確認しましょう。

ビーグルの成長段階にあったドックフードを選ぶ

ビーグルの成長段階に合わせてドックフードの種類を選ぶことが大切です。ビーグル用ドックフードは、ビーグルの成長段階に合わせて栄養バランスが調整されたドックフードが販売されています。

1歳未満の子犬の時期は、体が大きくなるタイミングですので高タンパクで高カロリーを選ぶようにしましょう。7歳を過ぎるとビーグルは老犬期になります。運動量が減り、同じ量の食事を与えていると肥満になるため高タンパクで低カロリーのドックフードを選んでください。

グルコサミン・コンドロイチン配合を選ぶ

ビーグルは軟骨異栄養性犬種とも呼ばれ、軟骨の変性を起こしやすい特徴があります。遺伝的な病気なので、絶対に予防できる方法はありませんが、普段から関節に負担がかからないようにしてあげることが重要です。

食事では関節の健康を維持するために、グルコサミン・コンドロイチン配合のドックフードを選ぶようにしましょう。また、ビーグルが肥満にならないよう体重管理をしっかりしてあげましょう。

グレインフリー(穀物不使用)を選ぶ

犬には人間と違い穀物を体内で消化するアミラーゼという酵素を持っていません。そのため、穀物が配合されたドックフードを与え続けると消化不良で胃腸の調子が悪くなったり、穀物アレルギー反応や肥満に繋がる可能性があります。

穀物アレルギーを持っていないビーグルでもアレルギーや肥満の予防のために、グレインフリーのドックフードを選んであげることが大切です。

ビーグルのドッグフードの与え方

ここまでビーグル用ドックフードの選び方を学んだ上でビーグルへ適切なドックフードの与え方と食べない時の対処法を紹介します。ビーグルの健康管理のためには適切なドックフードの与え方を学ぶことが大切です。

成長段階に合わせて量と頻度を変える

成長段階に合わせてドックフードの種類を変えるだけでなく、1日の食事の量と頻度も変えていくことが大切です。

子犬期

1歳未満の子犬期は、身体が小さいため一度に食べられる量が少ないです。また消化器官も未熟なためドッグフードをお湯でふやかして柔らかくしてあげましょう。

1日分の食事の頻度はは3回から5回に分けるようにしましょう。

成犬期

一歳を過ぎて成犬期になると一度にたくさん食べられるようになりますが、必要量は栄養素をしっかり吸収できるように1日2回から3回に分けて与えることが大切です。

老犬期

7歳になると老犬期になります。成犬期と比べて1日の運動量が減り基礎代謝も低下します。成犬期と同じ量を食べていると肥満になってしまうため、低カロリーで質の高いタンパク質含む高齢犬用のドッグフードに切り替えを検討しましょう。

食べない場合の対処法

ドックフードを食べない場合の原因としては、時間の経過による匂いの変化や運動不足や留守番によるストレスがあげられます。

食欲がありそうなのに食べてくれない場合は、ウェットフードをトッピングしたり電子レンジで温めて香りを付けてあげましょう。またストレスで食べてくれない場合は、一緒にいる時間を増やしたり飼い主が直接手であげてみたりしましょう。

ビーグルにおすすめのドッグフード10選

今回はビーグルの健康管理につながる原材料と成分を中心におすすめの10個商品を紹介します。

カナガン ドックフード チキン

カナガンは、人も食べれるほど新鮮で上質なチキンを50%以上配合しています。

高タンパクで低カロリーなだけでなく、グレインフリーで関節ケアの成分も含まれているため成犬以上の食欲旺盛なビーグルにはぴったりの商品です。

モグワン ドックフード チキン&サーモン

チキンだけでなくサーモンも配合した動物性タンパク質が50%以上配合した商品。

香料や着所色を不使用と減量にもこだわっているので子犬期から老犬期まで長く愛用できる商品です。

オリジンドックフード オリジナル

グレインフリーだけでなく血糖値を上昇や下降させる高GI値の食材を使用せず低GI値の野菜を使用しているため糖尿病が気になるビーグルにもおすすめのドックフードです。

メディコート ドックフード アレルゲンカット 魚&お米

食物アレルギーで悩んでいるビーグルにおすすめのドックフード。

「メディコート ドックフード アレルゲンカット」は食物アレルギーの原因になりやすい原料を使用していないため外耳炎などに悩んでいる飼い主におすすめしたい商品です。

グラン・デリ 低脂肪 鶏ささみ・ビーフ・緑黄色野菜・小魚

ふっくら仕上げの食感のため顎が強くないビーグルや老犬期のビーグルにぴったり。

通常の商品と比較し、脂肪分が約20%カットの低脂肪なため太り気味のビーグルにおすすめです。

アドメイト モアソフト アダルト チキン

老犬期のビーグルにおすすめの消化に優しいドックフード。ドライフードより柔らかい食感に仕上げて大豆ペプチド配合のため消化に優しい成分が入っています。

リーズンワイ 国産 無添加 グルテン&グレインフリー 全犬種 全年齢

リーズンワイは国産で無添加のドックフード。素材や原料にこだわりたい飼い主におすすめの安心安全な商品です。

ニュートロジャパン 小型犬用 成犬用

愛犬の皮膚と被毛のケアに特化したリノール酸と亜鉛が配合されたドックフード。毛並の改善にも効果がある商品です。

ネルソンズ ドックフード

グレインフリーでお肉をベースにしたドックフード。原材料の50%がチキンなので食いつきが良く運動量が豊富なビーグルにおすすめの商品です。

アイムス 成犬用 健康維持用 小粒 ラム&ライス

低脂肪設計で体重管理に特化したドックフードです。体重管理だけでなく毛並の改善にも効果がある成犬以上のビーグルにおすすめの商品です。

原材料と成分のチェックと成長段階に合わせた食事管理が重要

ビーグルが健康に過ごすためには、ドックフードを選ぶ際に良質なタンパク質や栄養価の高い成分が含まれているか確認することが重要です。

またビーグルは肥満になりやすいので年齢にあった食事の量を毎回きちんと計って適正量を与えるように徹底しましょう。

ペットの窓口アニーマガジンを読もう!

関連する記事

この記事に関連する子犬

この記事に関連するキーワード

アクセスランキング人気のあった記事まとめ