ラブラドール・レトリーバーの基礎知識(性格、毛色、選び方など)

ペットの窓口
Txt header features
Btn header contact

ラブラドール・レトリーバーの基礎知識

ラブラドール・レトリーバーはとても聡明で、人に喜ばれるのを好む犬種です。
ラブラドール・レトリーバー

ラブラドール・レトリーバーの基礎知識

人に喜ばれるのを好む、とっても賢い働き者

「うちの子はとっても賢い!」と、飼い主さんが口を揃えるほど、とても聡明で賢いラブラドールレトリーバーは、人間を喜ばせることが大好きな犬種です。そのため、その歴史の中でも漁師のお手伝いをしたり警察犬として活躍したりと、働き者の代表として語られることもしばしば。近年では盲導犬としての活躍も有名です。性格はとても気立てが良く、高い理解力で人間に対しても非常に従順です。特に攻撃的ということもありませんので、小さなお子さんやご高齢の方のいるご家庭でも安心してお迎えいただける犬種です。


美しい硬めの短毛でお手入れのしやすい犬種

ラブラドールレトリーバーは、飾り毛が少ない硬めの短毛で覆われた犬です。スタンダードの定めによると、オス56〜57cm、メス54〜56cmが理想とされています。メインの毛色は、ブラック、イエロー、レバー、チョコレートなどがあります。


運動神経の高い、しっかりした骨格と大きな体

その体つきは大きくがっしりとしており、運動能力にも優れています。大きな歩幅で正確に動くことから、警察犬、盲導犬、その他ドッグスポーツでも活躍しています。攻撃的な性格ではないため、小さなお子さんと遊ぶことも得意です。まっすぐしっかり踏みしめる脚はとても丈夫で、骨格による健康上の不安はほとんどないと言ってよいでしょう。


ラブラドールレトリバーの選び方

部位 確認ポイント
大きすぎず重たくもない垂れた耳が好ましいです。耳の付け根は、頭部の後方に位置しています。
ストップ(両目の間のくぼみ)がくっきりしていて、ブラウンかヘーゼルのカラーが好ましいです。
しっぽ とても太い付け根部分を持っており、先端につれて細くなります。尾を持ち上げることはありますが、背中に巻き上げているものは好ましくないとされています。
おしり 適度な肉付きでしっかりと引き締まったおしりが良いとされています。
前脚は前方や横から見ても真っ直ぐに伸びていることが理想です。カウ・ホック(後足の足首の関節が左右ともに牛のような内側に寄っている状態)は好ましくないので、しっかりチェックしましょう。
咬み合わせはシザーズ・バイト(上の切歯の内側に下の切歯の外側がわずかに接する咬み合わせ)です。マズルはスニッピー(尖って弱々しい状態)ではないことを確認しましょう。
幅が広く、鼻孔がくっきりとしているものが理想です。
全体的に飾り毛がなく、毛色は、ブラック、イエロー、レバー、チョコレート、クリーム、レッドフォックスなど。
性格 人間を喜ばせるのがとても大好きな従順な性格です。また、働き者の一面も持ち合わせているため、ファミリードッグとしてぴったりの犬種と言えるでしょう。