トイプードルの子犬を飼ったら~初めての散歩までの準備編~

  • S20x20 img 2416♪chuchu♪

トイプードルの子犬を飼ったら~初めての散歩までの準備編~

  • 2015月03月30日更新
  • 6288view
S669x446 13851083944 a1df8cddb5 z

愛犬との暮らしに散歩は必要不可欠ですね。かといってトイプードルの子犬をいきなり外に連れ出すのは危険です。今回ははじめてのお散歩のために必要なステップを紹介していきます。必要な持ち物もご参考ください。

はじめに:追加ワクチンを終える

ワクチンを打ったからといってすぐに効果があらわれるわけではありません。追加ワクチン後、免疫がしっかりとつくまで1~2週間待ちましょう。

ステップ1:トイプードルを首輪・リードに慣らす

これらがなくてはお散歩に行けませんね。まずは首輪よりも軽いリボンを首に巻いて慣らしていきます。着用時間を少しずつ時間を延ばし、次第にリボンから首輪に切り替えましょう。慣れてきたら首輪にリードを付け、家の中を歩いてみましょう。
また、実際に散歩に行く際は、首輪に鑑札と注射済票を付けますので、その重さにも慣れさせていきましょう。

ステップ2:トイプードルを様々な地面に慣らす

室内の柔らかいじゅうたんやフローリングしか触れたことのない子犬にとって、外のアスファルトや土はとてもこわいものです。まずは庭やベランダなどで外の空気や感触に慣れさせましょう。慣れてきたらおもちゃで遊ぶのもよいでしょう。

以上のステップを終えたら、いきなり外を歩かせるのではなく、まずは抱っこして外を歩いてみましょう。短時間でかわいませんので、優しくゆっくりと歩いてあげます。下記の持ち物も忘れずに準備をしましょう!

散歩の際の持ち物

散歩に必ず持ち歩きたいもの

・トイレットペーパーなどの紙
・トイレシーツ
・ビニール袋
・水(排泄物の処理用、飲料水)
・鑑札、注射済票(首輪に付ける)
→犬の登録をした際に発行される「鑑札」、狂犬病予防注射の接種を受けた際の「注射済票」は、愛犬に着けておかなければなりません。万が一愛犬が迷子になっても、装着されている鑑札の登録番号をもとに確実に飼い主の元に戻すことができるのです。

あると便利なもの

・ウエットティッシュ
・トレーニング用のおやつ

粗相をしてしまったら

そのままにせず、取り除きます。おしっこの場合も、トイレシーツでできる限り吸い取らせ、お水で流しましょう。

お散歩は安全に、マナーを守って楽しみましょう。
暖かくなるこれからの季節、色んな所へお出かけするのが楽しみですね♪
photo by Kenny Lam

ペットの窓口アニーマガジンを読もう!

関連する記事

この記事に関連する子犬

この記事に関連するキーワード

アクセスランキング人気のあった記事まとめ