ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの基礎知識(性格、毛色、選び方など)

ペットの窓口
Txt header features
Btn header contact

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの基礎知識

真っ白な美しい被毛と筋骨たくましいしなやかな体を持ち、人間も大好きな優しい性格の犬種です。
ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの基礎知識

番犬もできる活発なしっかり者で、人間好きな性格です。

ホワイト・スイス・シェパードドッグは、ジャーマンなどのシェパード全般に共通する「注意深さ」と運動能力に恵まれた体を合わせて持っており、番犬として活躍することもしばしば。また、一般的には、攻撃的な態度はほとんど見せず、人間の子供に対しては特に穏やかで友好的に接すると言われており、小さなお子さんの情操教育にもぴったりです。活発な性格でもありますので、特に子犬の頃はたくさん一緒に遊んであげることをおすすめします。


筋骨たくましい大型犬

全体的に筋肉質で骨格もしっかりとしています。スタンダードでの定めは、オスの体高61〜66cm/体重30〜40kg、メスは56〜61cm/体重25〜35kg程度とされています。屋内、屋外のいずれでの飼育も可能とされていますので、飼い主さんの事情に合わせて人間社会に適用してくれるはずです。


美しい純白の被毛

その名の通り、ホワイト・スイス・シェパードで正式に認定されているカラーは「白色」のみ。美しい純白カラーの被毛は成犬になるにつれて艶が増し、精悍な容姿に仕上がってきます。飾り毛もほとんどなく、直毛タイプであるため比較的手入れがかんたんな犬種です。


ホワイト・スイス・シェパードドッグの選び方

小さな子供と一緒に楽しく遊ぶことのできる友好的で従順な犬種です。子犬のうちはつねに活発に動き回りますが、成犬になるについて落ち着きを見せ、飼い主の指示をしっかりと理解する従順な性格です。高い運動能力も備えているため、定期的にしっかりとした運動をさせてあげると、とても喜びます。

部位 確認ポイント
まっすぐにピンと立った耳は、正面を向いた付き方をしていることが好ましいです。
ダーク(暗色)系のカラーであること。
しっぽ 後脚のパスターン(足首と指の間)あたりまでの長さが理想的で、ゆるやかなカーブを描いて垂れているのが好ましい。
おしり ボディ同様、筋肉質でしっかりとした骨量をもったお尻が良いでしょう。
まっすぐな前脚は前方からみて2本が並行であること、肩甲骨と上腕骨との角度は90度であることが理想とされています。
歯の咬み合わせはシザーズ・バイト(上の切歯の内側に下の切歯の外側がわずかに接する程度の咬み合わせ)が理想的です。
鼻すじがまっすぐとのび、色はブラックが望ましいです。
ホワイトのみ。より純白に近いものが好まれる傾向があります。