ミニチュア・シュナウザーってどんな犬?

  • S20x20 oz2むっちゃん

ミニチュア・シュナウザーってどんな犬?

  • 2015月03月08日更新
  • 2479view
S669x446 2011041

ミニチュア・シュナウザーとは?

シュナウザーといえばやっぱり口周りのお髭が特徴的ですよね。
シュナウザーという名前の由来もドイツ語で「シュナウツ」=「口髭」、「シュナウザー」=「小さい口髭」という意味で名付けられました。
ミニチュアシュナウザーはもともと農場に出没するネズミを捕る仕事が主でした。髭や眉毛は追いつめたネズミの反撃から顔を守るためのものです。

シュナウザーはサイズで名前が異なります。大きい順にジャイアント、スタンダード、ミニチュアといい、中で最も小さく新しい犬種がミニチュア・シュナウザーです。

体高: ♂約30~35cm ♀約30~35cm
体重: ♂約6~8kg   ♀約6~8kg

チワワやトイプードルに比べると大きい方ですが、華奢すぎず抱っこもしやすい大きさ。小型犬の分類にはいるのでペットホテルやドッグランも大体が小型犬料金です。
大きいわんちゃんは飼えないけど小さすぎるわんちゃんじゃ物足りない方にはベストサイズ!

ミニチュア・シュナウザーの性格は?

シュナウザーは非常に頭が良く、原産国のドイツでは「人間の脳を持つ犬」として長年愛され続けています。
※一説では、小学校低学年並みの能力を持っているともいわれ、2010年には和歌山県警の嘱託警察犬としてシュナウザーの「くぅちゃん」が登録されました。日本で小型犬が警察犬に登録されたのはこのシュナウザーのくぅちゃんが初めてです。

お利口で忍耐強く、主人に忠実な為しつけしやすい犬種です。性格も活発で陽気な子が多く、こわいもの知らずで好奇心旺盛。遊ぶのが大好きで運動が必要ですが、お散歩やお家の中でおもちゃを使って遊んであげられればマンションでも適応する犬種です。
遊びの中で「座れ」「待て」「持って来い」などトレーニングを混ぜてあげれば運動不足の解消とトレーニングもできて一石二鳥です!

ミニチュア・シュナウザーの飼い方の注意点

毛色はソルト&ペッパー、ブラック、ブラック&シルバー、ホワイトが主です。

体臭や抜け毛はほとんどないので、アレルギー体質の方も一緒に生活しやすい犬種でもあります。
しかし、トリミングは必要です。
毛が伸び続ける犬種なので毛玉になりやすい脇の下、内股のあたりは特に丁寧にブラッシングをし、定期的にトリミングに連れて行くなどして伸びた毛をカットしてもらいましょう。夏は短くスッキリとしたカット、冬は少し毛を伸ばしモコモコあたたかカットなど、体の負担も考え季節に合わせたカットをお願いしても楽しいです!
また、口周りの毛が長いシュナウザーはご飯の後に食べカスが付き、放っておくと痒みの原因にもなるので清潔に保つようしましょう。

臭いが少なく、毛も抜けにくいのですが垂れ耳の子は耳の中が臭くなる事があります。
病気につながる事もあるので特に耳のお手入れはまめにしてあげましょう。

画像:おざんどる×そらんどろい

ペットの窓口マガジンを読もう!

関連する記事

この記事に関連する子犬

この記事に関連するキーワード

アクセスランキング人気のあった記事まとめ