キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの基礎知識(性格、毛色、選び方など)

ペットの窓口
Txt header features
Btn header contact

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの基礎知識

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは優雅で華やかな見た目を持ち、人々を魅了し続けている犬種です。
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの基礎知識

甘やかしすぎには要注意!分離不安に陥る可能性も。

全般的な攻撃性が低く、他人へも人懐っこい犬種ですので、初めて犬を飼う人でも扱いやすいでしょう。無駄吠えや警戒吠えの可能性は低くはないので、早い段階でしつけておくことが必要です。ただし番犬としては期待できないでしょう。興奮性や活動性は低いので、留守番にも耐えられる犬種です。ただし遊びすきで愛情深いので、かまう時間は十分に必要です。しかし適度な距離感を持たないと分離不安症などのも問題行動を引き起こすこともあるので注意が必要です。甘やかしすぎず、毅然とした態度で接することが大切です。


定期的なお手入れを

被毛は長く絹糸状で、カールしていないが、わずかなウェーブは許されます。毛色はブラック&タン、ルビー、ブレンハイム、トライカラーが一般的です。それ以外は好まれません。
被毛をカットするトリミングは必要ありませんが、長く豊富な被毛は、抜け毛が多く、放っておくと毛玉になりやすいです。日常的なブラッシングは欠かさないようにしましょう。また垂れ耳ですので、蒸れてしまい汚れやすいです。耳のお手入れも定期的におこないましょう。


キャバリアの選び方

部位 確認ポイント
耳は長く、付け根の位置が長く、豊富な飾り毛を持ちます。垂れ耳なので、汚れやにおいに注意しましょう。
目は大きく、両目は広く離れています。色はダーク(暗色)で、丸いが突出はしていません。瞳が生き生きとしているか確認します。
しっぽ 尾つきはしっかりとしています。体とバランスの良い長さ。断尾する場合は1/3以上は切ってはいけません。
おしり 肛門まわりを確認します。便で汚れていたりすると感染症などにかかるおそれがあります。
引き締まり、弾力があり、程よい骨量であることを確認しましょう。
歯茎がピンクで歯並びは正常か確認します。口周りの毛も清潔か確認しましょう。
鼻の色はブラックで、十分に発達しています。
被毛は長くて豊富です。毛に汚れやフケや汚れがなく、毛艶があること。皮膚のトラブルがないか確認しましょう。
性格 明るくて人懐っこいキャバリアらしい、声をかけると寄ってくる子犬がよいでしょう。