ブリュッセル・グリフォンの基礎知識(性格、毛色、選び方など)

ペットの窓口
Txt header features
Btn header contact

ブリュッセル・グリフォンの基礎知識

ブリュッセル・グリフォンはベルギー発祥の小型犬で、その独特の愛嬌ある表情で高い人気を誇る犬種です。

ブリュッセル・グリフォンの基礎知識

「飼い主大好き」の愛情深い性格

ブリュッセル・グリフォンは、数ある犬種のなかでもひときわ飼い主に対する愛情が深い犬種として知られています。誇り高い気質で独特の風格があり、自信にあふれた性格です。小型犬特有の臆病さや神経質さはさほど高くなく、人間との生活にも比較的馴染みやすいでしょう。一方で警戒心は非常に強いので、飼い主に対して有害と判断した相手には強い反応を示すこともあります。


ふさふさヘアーとチャーミングな顔立ち

一目見ると忘れられないほど特徴的な、ブリュッセル・グリフォンの容姿は、ヨークシャー・テリアやパグの血統を引き継いで形成されています。マズル全体を覆うほど豊かな飾り毛ですが、分類上はスムースに規定されています。スタンダードの定めるサイズは体重雨3.5〜6.0kg程度であり、小型犬に分類されます。被毛はわずかにウェーブした少し硬めの毛質で、毛色はレッドです。


ブリュッセル・グリフォンの選び方

部位 確認ポイント
サイズは小さく、断耳した場合は直立、しない場合はやや前方に垂れた半立ち耳です。
まるまるとした特徴的な目で、ダーク系のブラウンが基本です。
しっぽ 背中の方を向くことはあっても、背中には触れずカールもしていないものが望ましいとされています。
おしり 小ぶりで肉付きの良いお尻が良いでしょう。
力強い歩様を生み出す足は、前後脚ともに2本が完全に並行していることが望ましいです。デュークローと呼ばれる退化した親指になることは望ましくないとされています。
咬み合わせはアンダーショット(下の切歯が上の切歯より前に出る咬み合わせ)が標準的です。マズルの長さはとてお短いです。
鼻先が後方に反っているようなペチャ鼻です。
少し硬めの飾り毛で全身を覆っており、色はレッドを中心とし赤みがかったものが良いとされています。
性格 とにかく飼い主への愛情が深く、従順でもあります。一方で自尊心も強く、やや気まぐれな部分もありますので、おおらかな接し方が良いでしょう。